(株)ロッソ挨拶

これまでの革製品リペア術

革製品はこれまで、『リペア』という概念は低く、『張替え』もしくは『部品の交換』や『買い替え』という選択肢しかありませんでした。
稀に『リペア』と称して、 着色してわかり難くするくらいのものです。そのため、既存の革製品補修では、“その場しのぎ”でしかなく、残念ながら革製品特有の“風合い”もなくなり、満足のいく仕上がりは期待できませんでした。
これまでの塗料と技術では、柔軟性と耐久性に難があり、塗膜が割れてしまうのです。このため、補修後の革製品は使用が制限されてしまうこととなるのです。
しかしながら、『張替え』では高額な修理代が掛かってしまい、『一部張替え』では見栄えが悪くなってしまいます。
思い入れのあるものや大切にしているもの、高価なものなど、愛着のある革製品だけに下手な処理はしたくない!
「リペアしたくてもできない・・・」これが、これまでの現実です。

革製品は“使えば味がでる”と言いますが、使えば汚れ、キズも増えてくるものです。
“味が出る”とはいえ、キレイな方がいい・・・キズやスレは論外の話。
これまでは革製品を補修しても、永く保有するには問題点が多くあり、「リペアという選択肢は無かった」と言っても過言ではありませんでした。

では、諦めるしかないのでしょうか?
いいえ、そんなことはありません。

キズなどのリペア新しいリペア技術で生まれ変わります
カバンのリペア前   カバンのリペア後

弊社のリペア技術を習得した店舗が全国各地に増えつつあります。
高品質のリペア商材と高い技術力で、お客様の要望にお応えいたします。
愛用の革製品で困ったことがあれば、一度ご相談ください。
きっと、良い解決方法が見つかると思います。


新しく誕生した革製品リペア術

弊社オリジナルのリペア術は、従来の考えを根底から覆した“革新的なリペア商材”と“技術ノウハウ”であり、これまでにない高品質な仕上がりを提供することができます。
従来のリペアのような“その場しのぎ”の考えではなく、革製品を永くお使いいただけるように、耐久性と柔軟性を飛躍的に向上させております。
これにより、 車の内装品をはじめ、ブランドの革小物やソファーに至るまで、様々な革製品を甦らせます。
“本革”は勿論のこと、様々な“フェイクレザー”に至るまで、『リペア』だけでなく、お好みの『色変え』も自由自在です。さらに、通常の革製品に比べて格段にキズが付き難くなり、耐水効果も上がります。

リペアの内容は革製品により、“質感”や“風合い”が違い、個々に異なります。
そこで、幅広く対応できるように革の種類や損傷具合に応じて、3種類の溶剤によるリペア手法をご用意しており、溶剤の組み合せによって様々な革製品に対応した『リペア』が可能となります。
また、革製品を永くご愛用いただくことができる『保護コーティング』は新旧品を問わず、施工することができるので普段のお手入れも簡単になります。この『保護コーティング』の施工により、革の“風合い”をそのままに、既存の状態よりも耐久性と耐水性を向上させることができるため、多くの方から喜びの声を頂戴しております。
弊社が提供する高品質の技術力は、カーディーラーにて新車から施工している内装品の「保護コーティング」加工を一例としても、信頼の証です。

カラーチェンジ イメージが変わります

車ハンドルの色変え 前車ハンドルの色変え 後車の色変え 後


未来への展望

日本だけでなく、世界は未来に向けて新しい転換期を迎えており、“使い捨て”の時代は終わりました。
これからは、一人ひとりが小さなことから考え、動き出さなければならないときです。
すでに貴方も感じているはずです。
「自分の考えを変えなければならないことを!」
「行動することで自分だけでなく、周りの人々も幸せになれることを!」
「みんなの努力が必要なことを!」
一人ひとりが自覚して取り組まなければ、何も変わりません。
「新しいモノは、より永く・・・」
「これまで使っていたモノは、思い出を大切に・・・」

イメージ
革製品を永く使い続けることにより、“モノの大切さ”や“優しい気持ち”が次世代の子どもたちに伝わってほしいと心より願っております。

より良い未来のために・・・一緒に歩んでみませんか?
『リサイクル』に繋がる『エコロジー』の考えのもと、無駄を止め、これまで直すことができなかった革製品を永く愛用することで、地球環境に優しい未来をみんなの手でつくっていきたいと考えております。
次世代の子どもたちに繋ぐ明るい未来へと・・・明日を切り開く一役を私たちは担ってまいります。


独立開業・起業をお考えの方へ

この素晴らしい技術を、より多くの方と共有し、私たちと一緒に歩んでいただける方を募集しております。
私たちの考えにご賛同いただき、『レザーリペア』を広げる一役を担っていただけましたら幸いに存じます。

 独立開業・起業をお考えの方へ

SIDE MENU

 

このページのトップへ